車検に必要なものとは?車検当日に必要なものを知って、準備万端な状態に!

車検に必要なものとは?車検当日に必要なものを知って、準備万端な状態に!

車を持っていれば、必ず定期的に受けなければならないのが「車検」です。初めて車検に出す人は特に、何が必要なのかわからず車さえあればよいのではと誤解している人も少なくありません。しかし、車検に出すためにはさまざまな書類が必要になってきます。今回は、車検に必要なものを網羅的に紹介しますので、当日になって慌てないよう、準備は早めに万全を期しておきましょう。

まずはこれがないと始まらない!「自動車検査証(車検証)」

「自動車検査証」すなわち「車検証」は、大前提として必要な書類です。これは自身の所有している自動車が公道を安全に走れる基準を満たし、日本国の保安基準に適合していることを証拠として示す書類で、最も大切なものといえるでしょう。

基本的には自動車の購入時にファイルに入れて渡され、多くの人は助手席のボックスの中にしまっているのではないでしょうか。車検証は、自動車を運転する際には携行が義務付けられているからです。その説明をカーディーラーから受けたドライバーのほとんどは、助手席のボックスといったあまり頻繁に取り出さないところに大切にしまっていることでしょう。

車検証には、自身の自動車に関するあらゆる情報が記されています。自動車登録番号や車種、車台番号、用途、種別、所有者の個人情報、車検証の有効期間など、車検に必要な情報の塊と思って差し支えありません。

これがなければ車検が受けられない?「自動車税納税証明書」

「自動車税納税証明書」は、自動車税をちゃんと納めていることを証明するための書類です。

自動車税は、毎年5月ごろになると、その年の4月1日時点での車の所有者に対し納付書が送付され、納付することとなります。つまり自動車税は、毎年決まった時期に支払うもので車検時に支払う税金ではありません。しかし、この書類が必要になるため、自動車税を支払っていないと車検を受けることはできません。

ただし、一定の条件を満たせば、この自動車税納税証明書の提出を省略ができます。その条件とは以下の通りです。

  • 登録車であり、軽自動車でないこと
  • 自動車税を納付しており、納付から一定期間(2~4週間)が経過していること

このふたつの条件を満たしていれば、自動車税納税証明書は不要になります。ただし、証明書がない代わりにきちんと納税記録があるかを調べられるため、自動車税は結局払わなければならないのは変わりません。

自動車税納税証明書は、自動車税を払った達成感から捨ててしまったりどこかに忘れてしまったりすることが非常に多いため、無くさないようにしましょう。

車検証とセットになっているはず?「自賠責保険証明書」

車検において、基本的に必要な費用として「法定費用」と呼ばれるものがあります。そのうちのひとつが「自賠責保険料」であり、それを支払った証明書として用意される「自賠責保険証明書」も、車検の際には必要になります。

基本的には車検証をもらったタイミングで、つまり新車購入のタイミングで加入しなければならないものとなっています。そのため、よほどのことがない限り、車検証とともに保管されていることと思います。記憶がないという方もご安心ください。大体の場合、車検証とセットになっているはずです。

なぜかといえば、この自賠責保険証明書と先述の車検証は、両方とも車に携行せずに公道を走るとそれだけで罰金や懲役刑を課せされてしまうほど、重要なものだからです。万が一無くした場合は、保健会社にて再発行してもらいましょう。

その他、費用など

そのほかにも必要なものがあります。先ほど少し触れたように、車検の際には「法定費用」というものが必ずかかります。これは自動車重量税と、自賠責保険料と、検査手数料の3つです。これらの合計に諸々の部品交換費用などを含めた「整備費用」を加えた額が、一括見積もりとして車検専門店や整備工場、あるいはカーディーラーの方から提示されているはずなので、しっかりチェックし、費用はしっかり払いましょう。

費用のほかにも、書類提出時に必要となる「印鑑」も忘れずにしましょう。また思わぬ盲点として「ロックナットアダプター」があります。これは、自動車のホイールに盗難防止のホイールナットをつけている方向けですが、ホイールナットを外すためのアダプターが車検時に必要になる場合があります。

絶対に必要というわけではありませんが、整備の都合上、ホイールナットを取り外さなければならない場合が出てきたときのために、念のため用意しておくと安心です。

まとめ

以上、車検の際に必要なものについて、主な書類や費用など、基本的なところを一通り解説してきました。

車検は満了日よりも前に受ければ、その分次回の有効期限が短くなってしまいます。できる限りギリギリになって受けたいものではありますが、慌ててしまっては本末転倒です。車検の前に手元に書類や費用が揃っているかどうかをしっかり確認し、万全の体制を整えておきましょう。

昭島にある車検や整備の専門店「株式会社多摩自輌」では、お客様の財布に優しい、「ちょうどよい車検」を提案しています。昭島にて55年以上の整備実績を持つ自動車工場のため、技術力も確かで、コストパフォーマンスの高い整備をお約束します。ぜひ一度ご相談ください。

ページ上部へ